操作説明

よくある質問

用語一覧

用語一覧

  • ダッシュボード機能 
    現預金残高、収支計で、会社の経営状態がいつでも一目で確認できます。
  • 科目連想機能
    使った経費の内容を入力すると、自動的に科目が連想され表示されます。※入力する文言によっては、表示されない場合もありますが「科目学習機能」がカバー。
  • 科目学習機能
    一度使った科目が記憶され、次回入力時に表示されます。 使うほどに使いやすくなる、とても便利な機能。
  • 科目辞書設定機能
    「科目連想機能」と「科目学習機能」が使う“科目辞書”をカスタマイズできます。
  • 目的別専用画面機能
    「売上」「経費(給与)」「入出金」の目的別専用入力で入力できます。借方、貸方を意識する必要がありません。
  • 給与仕訳機能
    面倒な給与入力の複合仕訳も専用画面でかんたんに入力できます。
  • 請求明細仕訳機能
    請求書の作成、印刷、送信が簡単にできて、システムが自動で仕訳を作成します。
  • 全自動取込み機能
    銀行口座やクレジットカードの明細情報を自動で取り込めます。※ネットバンキングでダウンロードしたCSVの取り込みも可能。
  • 最終入力履歴機能
    ダッシュボードに表示された最終入力履歴で、前回やそれ以前に入力した項目が一目でわかります。
  • レポート画面機能
    財務諸表や総勘定元帳、補助元帳、仕訳帳はもちろん、売上や経理別のレポートも表示可能PDFやCSVでダウンロードできます。
  • 請求書機能
    請求書の作成、印刷、送信が簡単にできます。PDFの書き出しも可能です。
  • 決算機能
    決算仕訳や、年度締めができます。
  • 課税方式
    消費税の計算方法には、「本則課税」と「簡易課税」とあります。
    前々年度(基準期間)の課税売上高が1000万円を超える事業者に適応されます。
    また、「免税」とは条件を満たした場合に、消費税を納めなくてもよい方式です。

    本則課税・・・売上高に対する消費税額から、仕入に対する消費税額を差し引いて消費税額を算出する方法。
    簡易課税・・・売上高の業種に応じたみなし仕入率を乗じて簡易に消費税額を計算する方法(仕入の際支払った消費税は考慮しません)。
    1.前々事業年度の課税売上高が5000万円以下であること
    2.適用事業年度の前日までに、税務署長に「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出していること

    簡易課税では、仕入れた際に支払った消費税の額は考慮せずに、課税売上に決められた「みなし仕入率」を乗じた額が納税額となります。「みなし仕入率」は業種別に決められています。
      第一種事業(卸売業)…90%
      第二種事業(小売業)…80%
      第三種事業(製造業)…70%
      第四種事業(その他飲食店・金融・保険業等)…60%
      第五種事業(不動産・運輸通信・サービス業)…50%

    詳細については『Q-TAX:本則課税と簡易課税の違い』をご参考下さい。

  • 入力アシスト機能
    入力内容によってメッセージを表示する機能。
    例:「消耗品費として100万円の自動車を経費で登録する」
    q19

    この状態で登録します。
    q20
    考慮する点がある入力に関してメッセージが表示されますので、参考にしてください。

  • 税区分
    税区分とは消費税の取り扱い方の区分のことです。
    大きく分けて課税、非課税、不課税に分けられます。
    課税・・・・消費税がかかる取引
    非課税・・・消費税がかからない取引
    不課税・・・上記どちらにも当てはまらない取引。(消費税はかかりません)
    詳細については『国税庁:課税取引・非課税取引』をご参考下さい。
  • 開始年月日・設立年月日
    開始年月日:ハイブリット会計Crewで取引入力を行う年度が始まる日。(会計年度の期首日のこと)
    設立年月日:会社を設立した日。法人の場合、設立登記の申請をした日。個人の場合は開業届けに記載した日付となるのが一般的。
  • 元入金(資本金)
    元入金とは個人事業主特有の勘定科目で、事業のために準備している出資金のことです。
    法人企業だとこれが資本金に該当します。
    元入金は資産合計から負債合計を差し引いた金額です。
    資産とは現金、預貯金、売掛金、固定資産などです。
    負債とは買掛金、未払金、預り金などです。

    ※開業当初の元入れ金について
    Crewでは開業当初の仕訳は必要ありません。
    【導入残高】から各勘定科目の残高を入力します。
    詳細はヘルプページ『導入残高を設定する』をご覧ください。
    資本金については、『株式会社の資本金を決めるために考えるべき判断基準4つと基礎知識』の記事もご参照ください。

ページトップへ