操作説明

よくある質問

用語一覧

操作説明
登録した取引を見直そう!

消し込みを行う

消し込みについて説明します。
消し込みとは、掛け代金を回収または支払ったときに行う処理のことです。
以下、具体的な例を使って説明します。
4/5に中川商店(株)に対して、以前から売り上げていた代金5万円を預金口座への入金より回収した場合

STEP 1 メニュー選択

メインメニューから【入出金】、サブメニューから【預金入力】を選択します。

STEP 2 掛け金入力

日付に「4/5」、内容はわかりやすいように「掛け回収」とします。科目は「売掛金/中川商店(株)」を選択します。
※科目で売掛金を選択すると『消込』というボタンが出現します。
k1

STEP 3 消し込み選択

「消込」という項目が選択できるようになりますので、入金に「50,000」円と入力し、
税区分を選択したら、「消込」ボタンをクリックします。

STEP 4 消し込み対象検索1

画面下部で消し込み対象を検索できるようになります。
k2

STEP 5 消し込み対象検索2

該当する消し込み対象を期間、金額、内容などから検索します。
検索されましたら画面右の「消込対象」をクリックします。
k3

FINISH 消し込み完了

消込金額、支払手数料などに間違いがない場合、「登録」ボタンをクリックします。
k4

以上で、消し込み完了となります。



※消し込み機能を行うメリット
消し込み機能で掛け金を消すことで、レポートに取引記録を反映することが出来ます。
メインメニューから【レポート】、サブメニューから【売掛金】を選択することにより、
売掛金レポートを確認することが出来ます。
なお、消し込み処理を行わず、振替伝票等でただ貸借を入れ替えた処理を行った場合は、
金額の収支は一致しますが、取引先データには反映されませんのでご注意ください。

kesikomi

ページトップへ