操作説明

よくある質問

用語一覧

操作説明
決算をしよう!

年度締めを行う

決算をして年度締めを行います。年度締めをすることで、次年度の取引入力が可能となります。

STEP 1 メニュー選択

メインメニューから【決算】、サブメニューから【年度締め】を選択します。

STEP 2 繰り越し処理の開始

年度締めを行います。年度締めを行うことで、今年度の取引データを確定します。
年度繰越を行うと、今年度におけるデータの追加、訂正、削除はできなくなります。
2

STEP 3 課税方式等の設定

次年度での事務所の課税方式等を設定し、「OK」をクリックします。
3

次年度へ繰り越されました。
4
なお、年度の繰り越しや年度戻しをしても取引データが消失することはありません。
また、前年度へ戻って修正した金額は翌年度の繰越金額に反映されます。


※年度締めの前に、次年度の取引を入力したい場合

1.年度締め前に、次年度の取引を入力する際は、「次年度入力の設定を変更する」をクリックします。
fe

2.次年度の取引入力にて「行う」を選択します。必要な場合、課税方式、経理方式、税端数処理を事務所にあわせて選択します。
nk2

3.「OK」をクリックすると各種取引を入力する際、年度部分をクリックすることで次年度を選択し、入力することが可能となります。
kurikosi

電話サポート

<div id="id2300Txt1">
<p>お問い合わせの前に、ぜひ<a href="http://hybrid-k.com/help/faq/" target="_blank">『FAQ よくある質問』</a>をご確認ください。<br />
</div>
<div id="id2300Img">
<p><a href="http://hybrid-k.com/help/inquiry/"><img src="http://hybrid-k.com/help/wp/wp-content/themes/crew/common/imgs/banner_contact.jpg?20170531" alt="お問い合わせはこちら" width="614" /></a></p>
</div>
<div id="id2300Txt2">
<p>※以下の内容は、電話サポート対象外とさせていただいていますのでご注意ください。</p>
<ul class="disc">
<li>税務や経理などの処理、仕訳方法などの会計処理に関するお問い合わせ</li>
<li>他社のソフトウェアに関するお問い合わせ</li>
<li>ネットワーク関係およびお使いのPCに関するお問い合わせ</li>
</ul>
</div>

ページトップへ