操作説明

よくある質問

用語一覧

確定申告ガイド

Crewを用いた消費税申告(簡易課税用)

Crewを用いた消費税申告について、簡易課税用の申告書の作成方法をご説明します。課税方式が本則課税比例、または本則課税個別の方は申告書の形式が異なります。詳しくは、『Crewを用いた消費税申告(一般用)』をご覧ください。
Crewでは提出する申告書そのものは出せませんが、出力したデータを申告書に転記することで申告書の作成が可能です。以下、その方法をご説明します。

消費税の申告・納付の時期

平成28年分の消費税及び地方消費税の確定申告と納付受付は、平成29年3月31日までです。

必要書類

■ 消費税及び地方消費税の確定申告書(簡易課税用)
■ 付表4 旧・新税率別、消費税額計算表兼地方消費税の課税標準となる消費税額計算表
■ 付表5-(2) 控除対象仕入税額の計算表

上記の書類は税務署の窓口、もしくは国税庁のホームページ『消費税及び地方消費税の確定申告の手引き等』から入手することが出来ます。

書類の提出方法

3通りの提出方法があります。
1.郵便又は信書便により、住所地等の所轄の税務署に送付する
2.所轄の税務署の受付に提出する
3.e-Taxで申告する
詳しくは、『e-Taxホームページ』をご覧ください。

納付方法

3通りの納付方法があります。
1.振替納税
指定した金融機関の口座から、自動的に納税額が引き落とされます。
平成28年分の消費税及び地方消費税の振替日は、平成29年4月25日です。
なお、振替納税は、申告期限までに申告書を提出している必要があります。

2.現金
現金に納付所を添えて、金融機関または所轄の税務署の窓口で納付します。

3.e-Tax
インターネットで納付するシステムです。
詳しくは、『e-Taxホームページ』をご覧ください。

書類の作成方法 1/3

税務署のHPからダウンロードした申告書に、Crewから出力した帳票の数値を転記していきます。
Crewからの帳票の出し方については、ヘルプページ『消費税の出力帳票を確認する』をご覧ください。
以下、申告書とCrewから出した帳票を記載します。同じ色のついたところが関連する項目です。項目の番号をみて金額を転記します。
■ 消費税及び地方消費税の確定申告書(簡易課税用)
ss1

◆Crewから出した帳票(Page1、Page2)
ss11

ss12

書類の作成方法 2/3

■ 付表4 旧・新税率別、消費税額計算表兼地方消費税の課税標準となる消費税額計算表
ss2

◆Crewから出した帳票(Page3)
ss21

書類の作成方法 3/3

■ 付表5-(2) 控除対象仕入税額の計算表
ss3

ss4

◆Crewから出した帳票(Page4、Page5)
ss31

ss41

ページトップへ