操作説明

よくある質問

用語一覧

法人決算ガイド

償却資産税の申告

償却資産を所有している人は、毎年1月1日現在所有している償却資産の内容について、
1月末日までの申告が必要となります。

償却資産について

償却資産とは、固定資産のうち、土地・家屋以外の事業用に供することが可能な資産です。
減価償却額または減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上、必要な経費として計上されるものをいいます。償却資産にあたる具体例を下記に挙げます。

・構築物
庭園、門、塀、看板など
・機械及び装置
クレーンなどの建設装置、機械式駐車設備など
・船舶
ボート、漁船、釣船など
・車両及び運搬具
大型特殊自動車(自動車税、軽自動車税の課税対象でないもの)など
・工具や器具、備品
パソコン、医療機器、机、椅子など

※詳細はお近くの税務署にご確認ください

Crewで固定資産を登録する

申告を行う

■申告書類
1、第26号様式:償却資産申告書
2、第26号様式別表1:付属明細書(すべての資産を記載する場合と、期中に増加した資産のみを記載する場合があります)
3、第26号様式別表2:付属明細書(期中に減少した資産を記載)

固定資産の登録情報を書類へ転記します。
申告書への記入の詳細については、納付先の市町村へご確認ください。

■申告先

償却資産税は市町村税にあたるため、償却資産が所在する市町村へ申告をします。
詳細は各市町村の税事務所へご確認ください。

ページトップへ