操作説明

よくある質問

用語一覧

よくある質問
データ入力

会社設立に掛った準備費用はどのように登録すればよいですか?

開業費や創立費として処理するのが一般的です。

開業費とは、会社設立(登記)後から、営業開始までの期間にかかった費用です。会社設立準備開始から会社設立(登記)までにかかった費用は創立費となります。

そのため、個人事業の場合、創立日が使用されることはありません。下図をご参照ください。

【法人の場合】
qwq

【個人の場合】
rtr

開業費、創業費ともに5年間(60ヵ月)に分けて均等に償却するか、任意償却で好きなペースで償却することができます。
高額になることもあるので、必要経費ではなく繰延資産である開業費・創業費として登録します。

なお、個人事業主の場合、開業の準備に何年もかかった場合は前年度以前に発生した開業準備費用を一括して開業費として処理することが出来ます。

例えば開業費には次のようなものがあります。

  • 名刺や印鑑などの購入費
  • 打合せのための交通費
  • 打合せの飲食費
  • 電気・ガス・水道代
  • あいさつのための手土産代
  • 文房具やソフトウェアの購入費
  • チラシ印刷代、Webサイト作成費
  • 書籍などの資料代

なお、全ての経費が開業費になるわけではありません。

  • 固定資産(1組10万円以上のもの)
    固定資産は減価償却をするもので、繰延資産とはなりません。
  • 敷金などの将来的に返却されるもの
    将来的に返却されるものも開業費には出来ません。

実際の仕訳例とCrewでの入力方法についてご説明します。

【1.例えば、期首に開業費500,000円を現金で払ったときの仕訳】

開業費 500,000 / 現金 500,000

【2.決算となり、開業費を5年にわたり償却を行ったときの仕訳】

減価償却費 100,000 / 開業費 100,000

1の仕訳については、Crewでは現金入力、または振替伝票を用いて入力します。
振替伝票での入力の仕方はヘルプページ『振替伝票を作成する』をご覧ください。

2の仕訳は開業費を固定資産登録することで、自動で生成されます。
固定資産の登録方法は『固定資産を登録する』をご覧ください。

なお、株式会社の設立費用については『株式会社の設立費用:起業のために準備しておきたい資金の額と内訳とは』をご参照ください。

※上記の会計処理は一般的な処理の一例です。
事業の形態や状況により異なりますので、税務署や税理士にご相談頂くことを推奨致します。
なお、弊社では無料で税理士紹介を行っております。詳しくは、『全国税理士無料紹介センター』をご覧ください。

電話サポート

<div id="id2300Txt1">
<p>お問い合わせの前に、ぜひ<a href="http://hybrid-k.com/help/faq/" target="_blank">『FAQ よくある質問』</a>をご確認ください。<br />
また、<a href="http://hybrid-k.com/help/inquiry/">『メールでの対応』</a>もいたしておりますのでご活用ください。</p>
</div>
<div id="id2300Img">
<p><a href="http://hybrid-k.com/help/inquiry/"><img src="http://hybrid-k.com/help/wp/wp-content/themes/crew/common/imgs/banner_contact.jpg?20170531" alt="お問い合わせはこちら" width="614" /></a></p>
</div>
<div id="id2300Txt2">
<p>※以下の内容は、電話サポート対象外とさせていただいていますのでご注意ください。</p>
<ul class="disc">
<li>税務や経理などの処理、仕訳方法などの会計処理に関するお問い合わせ</li>
<li>他社のソフトウェアに関するお問い合わせ</li>
<li>ネットワーク関係およびお使いのPCに関するお問い合わせ</li>
</ul>
</div>

ページトップへ