操作説明

よくある質問

用語一覧

会計事務所専用機能
操作編

入力期間ロック

会計事務所がwebサポート(※後述します)を行った後に、顧問先側の入力をロックすることができます。

メインメニュー【会計】、サブメニュー【入力期間ロック】を選択します。
例えば会計期間が1月~12月の顧問先に対して7月分までをwebサポートより確認すると、顧問先に7月31日までの取引入力に関して制限をかけることができます。

入力期間ロック2
編集前は上記のようにwebサポートの報告月がロックされます。「編集」をクリックすることで、対象日付やロック方法を変更することができます。

入力期間ロック3
ロック方法には以下の二種類があります。
A.指定した日付以前の取引の入力・修正にはマークを表示する。(顧問先による入力・修正の場合)
B.指定した日付以前の取引の入力・修正・削除・データ取り込みを禁止する。

Bのロック方法を選択した場合、さらに決算取引についてロックをかけることができます。

入力期間ロック4
チェックをいれることで、顧問先は決算時の振替伝票を用いた取引も登録不可となります。

説明項目:
ページトップへ